学生ローン 安心

学生ローンを安心して借りるには

学生だけをターゲットにした学生専用ローンは、安心してお金を借りることができます。

対象者は学生なので、学生にとって一般的なローンよりも審査に通過しやすいのです。

 

勤続年数が6ヶ月未満でも借りられるローンが多く、収入は単発バイトのみでも借りられることがあり、学生は学業が一番の仕事であり、収入を得ることは二の次です。

 

そのため、年収に関してはそれほど厳しくは問われませんし、年収が少なくても総量規制の範囲内で貸付してくれる学生ローンが多いです。
学生ローンの運営母体は消費者金融であるため、借入上限は年収の3分の1となり、月のバイト収入が3万円の方だと年収で36万円になります。

 

その3分の1が借入上限となるため、最高で12万円まで借りることができます。学生ローンは返済に関しても融通を利かせてくれることが多く、返済は社会人まで持ち越せるタイプもあります。
学生時代に一部だけ返済して、残りは社会人になってから返済することも可能なのですし、延滞に関しても事前連絡をしておけば、柔軟に対応してくれる会社が多いです。
都合により返済が遅れそうなときは、必ず業者に電話連絡をしておきましょう。

 

業者からの連絡先には携帯番号を指定しておくといいです。

店舗型の学生ローンは安心できる

学生ローンの中でも特に安心できる業者は、実店舗のある消費者金融で、多くは学生街に設置されており、街金の学生版といった感じの店になっています。

 

店内は明るくアットホームなイメージがあり、融資方法は窓口受け取りがメインですが、カードローンタイプの商品は少なく窓口で受け取るフリーローンタイプが主流です。カードで借入・返済をしたい方には、大手消費者金融の学生ローンをおすすめします。

 

一般向けローンが学生に対応していることがあり、学生も可能などと記載されていれば借りられます。カードを持つと使いすぎてしまうという方は、店舗で現金を受け取る方法がベストでしょう。

 

この方法だと追加融資のたびに窓口に出向く必要があるので、借りすぎを防ぎたい方に適しています。ローンは便利なほど追加融資を受けがちになるので、借りすぎを防ぐなら窓口融資を利用しましょう。
計画的に利用できる方は、カードローンタイプがおすすめです。

 

必要なときにすぐ追加融資を受けられるので非常に便利です。返済もカードで可能なので、深夜のコンビニATMで返済することもできます。

 

コンビニで返済できる学生ローンは、家族や学友などにローンの利用を知られたくない方におすすめです。

学生ローンは自己責任で行おう

学生ローンを利用できる年齢は20歳以上であり、これはほとんどの商品に共通することです。
18歳、19歳で利用できる会社もありますが、ごく一部に限られます。

 

ほとんどの学生ローンは成人にならないと、融資を受けることはできません。未成年では自己責任を取ることができず、親が補償しなければいけないからです。

 

ローンを利用する20歳以上の学生は、自己責任にて安心できる範囲内で借入をしましょう。危険な業者は避けることも大切なので、Webサイトを所有しており、一定の知名度のある会社から借りるようにしましょう。実店舗のある業者は、そこに住所があることを意味します。

 

ネットの地図機能で場所を確かめてみて、本当にそこに業者があるのか確認することも大切です。最も失敗がないのは、窓口まで出向いて契約する方法でしょう。この方法なら業者の存在を確認できるので、怪しい業者から借りてしまうリスクは激減します。悪徳業者は無店舗運営が基本なので、店を置くようなことは通常しません。
20歳以上になれば、店選びで失敗をしても自己責任となります。安易に業者を決めることをせずに、必ず年率の比較をしましょう。

 

審査に通過するコツは借入額の設定

学生ローンの審査に通過するコツは、自分にとって安心できる金額の設定なのです。審査に通過できない理由の大半は、希望する金額が大きすぎるのです。はじめてお金を借りるときは、信用力が最も低い状態です。

 

しかし、多くの方は自分の信用力を過信する傾向があり、希望額を大きくしてしまうのです。業者に対して不安要素を与えると、借りることが難しくなってしまいます。業者を安心させるためには、確実に返済できる希望額に抑えることです。

 

借り手の経済状況は業者は判断できませんが、年収の1割の希望額にしておけば、通常は問題なく審査に通過できるものです。もし借りられないとすれば、過去にローンで失敗したり、初回契約にしては高額の希望額を求めたりしている可能性があります。年収の1割に設定した場合、年収50万円なら希望額は5万円となります。

 

少なすぎると感じるかもしれませんが、月に4万円くらいの収入だと考えると、月に1万円を返済しても元金完済だけで5ヶ月かかります。実際には利息も発生するので、完済まで6ヶ月かかる計算になります。

 

利息の支払いを抑えるには、もっと短期間で返済したいものです。そのためには、借入額を抑えるほど効果的な方法はないのです。

学生ローンを安心して借りるには関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン