学生ローン アルバイト

アルバイトでもOK!学生ローンの借り方

学生ローンと聞くと、学費などの学業に関するお金の融資を受けるために利用するものと思ってしまうかもしれません。しかし、使用目的の自由度は高く、特に指定はされていないことも多いので学費などの他に不足した生活費を補う目的や就職活動のための資金、旅行など、さまざまな用途で利用できます。学生ローンは大学生や大学院生、短大生や専門学校生、そして予備校生などが対象になり、基本的にアルバイトなどで安定した収入があれば申し込みは可能です。

 

ただし、学生であれば誰でもOKというわけではなく、基本的に20歳以上を条件にしているところが多いようです。ごく稀に18歳以上でも融資可能な消費者金融もありますが、高校生や予備校生は対象外になっているなどの条件が付いています。

 

学生ローンの場合、大口の融資を受けるケースはほとんどないので、金利は15%から18%前後に設定している消費者金融が多いようです。金利は各消費者金融によってバラつきがあるので、もし時間に余裕がある場合には、いろいろと比較をしてみると安い金利でお得に借りることができます。返済可能の期限の上限についても36回や60回などが選択できるので、借り入れと返済の両面から見て、最適な学生ローンを探していきましょう。

学生ローンの審査に必要な書類は?

学生ローンの借り方で、まず押さえておきたいのは必要書類です。申し込み前に審査に必要な書類を揃えておけば、審査通過後の書類提出がスムーズにできるので、速やかに融資が受けられます。学生ローンでは融資を受ける消費者金融によって準備する書類の増減はありますが、必ず必要になるのは学生証や運転免許証などの身分証明書です。

 

大手消費者金融の場合、学生ローンといったカテゴリーがなく、フリーローンで学生への融資を可能としているところもあります。こういった消費者金融で借り入れをする際には、借入する金額によっては収入証明書が必要になります。大半は50万円以上または借入総額が100万円以上になった時に提出するようになりますが、中には100万円以上の限度額で収入証明書を提出すると設定されているところもあります。

 

もちろん、借入希望限度額が高くなるほど審査の基準は厳しくなりますし、学生にとっては返済時の負担も大きくなり、収入証明書を準備する手間もかかります。確実に審査に通りたい時には限度額を抑えて申し込みをした方が、ハードルは低くなります。

 

学生ローンでは、融資金額の上限を30万円または50万円に設定していることが多いため、収入証明書を準備するケースはほとんどないのですが、少し多めの借入予定でフリーローンを利用する際は準備する書類も増えるので、申し込み時には各金融機関の指示に従って揃えておきましょう。

いろいろな借り方の中で学生に最適なのは?

消費者金融のフリーローンでは、お店を訪れる必要がなくインターネットを使って申し込みと契約ができる方法が人気を集めていますが、学生ローンでもそういった借り方に対応しているところが増えています。特に学生の場合は消費者金融でお金を借りているところと知人に見られたくないことが多いので、誰にも知られず自宅で最後まで手続きできるインターネットを使った借り方は最適です。

 

パソコンの登録フォームに住所や氏名、借りたい希望金額などの必要な項目を入力して送信すると、その後消費者金融から電話またはメールなど、申し込み時に指定した方法で連絡が入ります。審査に通ってお金を借りられる状態になると振込での対応も可能で、必要書類のコピーを後から郵送で送るといった流れになっています。これがおおまかなインターネットを利用した融資の流れになりますが、消費者金融によって多少流れが異なる部分があるため、事前に確認おくと安心です。

 

また、自宅にパソコンがなくても、スマートフォンのアプリを利用する方法があります。契約の際に必要な学生証などの書類も付属のカメラで撮影してアップロードするだけなので、とても簡単で手間のかからない借り方です。大手の消費者金融ではアプリが無料でダウンロードできるので、すぐに申し込みの手続きをしたいといった時にも便利です。

学生ローンの借り方で注意しておきたいこと

学生ローン自体が初めてではなく、既に他社から借りている時には、年収の3分の1までという総量規制に引っ掛かってしまい審査に落ちてしまうこともあるので、申し込み前にトータルの金額を確認しておきましょう。また、学生ローンやカードローンの利用をしたことがない人でも、クレジットカードを持っているという方は多いのではないでしょうか。クレジットカードでのショッピングの金額は総量規制の対象にはなりませんが、クレジットカードのキャッシングを利用している場合は要注意です。なぜなら、クレジットカードでのキャッシングは、総量規制の対象になってしまうからです。

 

現在のアルバイト収入と借り入れの総額を確認してみて総量規制を超えてしまうような時には、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

 

もしも、そのような状態になってしまった時には、銀行系のカードローンを利用する借り方もあります。利用限度額はかなり低くなってしまいますが、学生でも借り入れが可能な銀行系のカードローンもあります。しかし、総量規制はクリアしたとしても、毎月の返済が増えることには変わりないので、シミュレーションなどを利用してアルバイト収入の中から無理のない返済ができるような借り方をしましょう。

アルバイトでもOK!学生ローンの借り方関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン