学生ローン 限度額

学生ローンの限度額はいくら?

学生ローンは学生が利用することのできる借り入れとして人気が高く、卒業旅行や学資確保などを目的としてお金を借りたいというような学生には非常に人気があります。
ただしかし、原則としてこうした借り入れは成人しており、かつ社会人として働いている人が利用できるものであるということは変わりません。

 

そのため学生ローンは通常の貸金業者や銀行からの借り入れとは異なる点がいくつかあります。
そこで最も大きいのが「学生ローンの限度額」でしょう。
通常の融資だとそれぞれの人の収入額や信用に応じて融資限度額が決まりますから、時には数百万円の融資がされるということもあります。

 

しかし学生ローンを利用する人は学生であり、社会人として働いているわけではありません。
そのため限度額として設けられる金額も通常のキャッシングやカードローンと比べて低くなってくるのが基本です。
具体的な金額は業者によって異なるものの、30〜50万円が一般的な最大の限度額だとして考えて良いでしょう。

 

もちろん50万円などを借り入れることができれば卒業旅行などは格段に楽になることは間違いありませんが、しかし多くの融資を求める場合などにはここが最大の問題にもなってきます。
学生ローンを利用する際にはいくら融資してもらえるのかということを事前に考えるようにしてください。

学生ローンの限度額が低い理由

さて、それではどうして学生ローンの限度額が30〜50万円程度と低い金額に設定されているのかと言うと、これにはまず総量規制の問題があります。

 

総量規制とは現在の貸金業法によって規定される消費者への融資の上限であり、ここでは「年収の1/3以下までしか融資をしてはならない」とされているのです。
学生ローンの対象である学生の年収がそこまで高いということは予想できないことですから、凡その場合は30〜50万円が上限となっていればそれを超えることがありません。

 

加えて50万円を超える借り入れに関しては消費者の収入証明を確認することが貸金業者の義務とされており、その確認の手間を省くという目的もあります。
それにこの総量規制に当てはめれば、50万円の借り入れをするとなるとその学生には年収150万円が最低ラインとして求められることになります。

 

単純計算で毎月12万5千円の収入がないと年収150万円には届かず、そうした金額を稼いでいる人は全体からみればかなり少ないことでしょう。
また融資を受ける側がまだ学生であり、社会的な経験が不足しているということも大きな理由です。

 

社会経験が不足している以上「どれくらい借りてもよいか」ということの判別が付きづらい可能性があるわけですから、そうした人に対してあまり大きな額を貸すことは出来ないという判断につながっているのです。
こうした事情があるため、学生ローンでは限度額が低く設定されています。

限度額を高くしてもらうことは出来る?

とは言っても30万円や50万円の借り入れではまだ足りないというような人もいます。
例えばこれから資格取得を目標にしているというような人や、海外へ留学するなどの目的があってお金を必要としている場合にはこうした金額よりもさらに多くのお金を借りたいと考えることでしょう。

 

では限度額を高くすることは出来るのかと言うと、これは別に不可能ではありません。
先ほど触れたように、法律的には年収が150万円以上あるのであれば50万円以上の借り入れが出来ます。
その収入があり、そして今後もそれが継続して得られる可能性が高いとして判断してもらうことが出来たのであれば、学生ローン業者によってはその収入額に応じた借り入れを出来る可能性はあるでしょう。

 

審査の中では収入額の確認が行われますし、また学生ローンであれば審査の際に「どうして借りたいのか」ということを確認される可能性は高いです。
その目的の確認においてそれだけのお金が必要だと判断されたのであれば、特例として借り入れを許可をしてもらえる可能性はあります。

 

ただ注意をしたいのが、学生ローンを提供している業者は自社で定めた金額以上は融資をしないようにしている可能性も高いということです。

 

どれだけ収入があっても30万円や50万円など、自社で定める金額以上の融資はしないとしているケースもあるわけですから、そうした場合には国の教育ローンの利用など別の手段を考えた方が良いということになるでしょう。

他社からの借り入れを黙って複数の学生ローンを併用できる?

さて、ここまでで述べてきたのが学生ローンの限度額とそれが決まる仕組みということになるのですが、しかし時折見られるのが「一社で借り入れられる額が決まっているなら複数の業者から借りれば良いのでは」と考える学生です。
確かに五社から50万円ずつ借りられれば、その学生は250万円と言う大金を手にすることができるでしょう。
ですが残念ながら、これは普通の業者では絶対に不可能です。

 

借り入れを許可するべきかどうかの判断では必ず審査が行われますし、審査の際には個人信用情報の照会が行われます。
個人信用情報には他社からの借入額も記録されていますから、そこでもし他社からの借り入れがあるということがわかったのであれば審査を通過できる可能性は低くなるでしょう。

 

他社からの借り入れが数万円程度の少額であれば新たに契約できる可能性もありますが、既に30万円や50万円などを借りているのであれば、返済不可能になるリスクがあるために審査は通過できない可能性が非常に高くなってきます。

 

もちろん一社から借り入れた額が少なかったために複数の学生ローンを併用するということが出来ないわけではないのですが、それでも「限度額上限を超えて借りたい」というのはかなり難しいとして考えた方が良いでしょう。


学生ローンの限度額はいくら?関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン