学生ローン 初めて

学生ローンを初めて利用するなら?

初めて学生ローンを利用する場合、審査が厳しくなると考える方がいますが、初めてのローンが一番借りやすいのです。

2社目になると他社からの借入件数1件とカウントされるため、初めてのときよりも借りるのが難しくなります。
学生ローンは2社目、3社目と借入先が増えるほど融資を受けるのは難しくなります。

 

初めて借りる場合においては、ローンの利用実績がありません。
そのため、金融機関としてはどのような人物なのか判断するためにも、少額の融資枠を設定してきます。
初回融資において高額を貸してくれるケースは非常に少ないのです。

 

学生ローンの借入額の安全ラインは10万円と言われているため、初めて借りる方は10万円以内に設定しておくのがいいです。
社会人向けのローンだと最低10万円から貸し出すローンも多いですが、学生ローンに関しては1万円から対応してくれるものが主流です。
1万円で足りるような状況なら、1万円を希望しておくといいでしょう。

 

審査は借入額を少なくするほど、通過できる可能性が大きくなります。
消費者金融や街金の学生ローンの場合、借入上限は年収の3分の1です。

 

それを超えた希望額では絶対に借りることはできないので注意しましょう。

初めての審査ではどこを見られる?

初めて学生ローンの審査を受ける場合、チェックされる一番のポイントは安定収入があることです。
無収入でも借りられるローンもありますが、保護者の同意が必須となります。
保護者が自分の代わりに返済をしてくれる状況にすることで、借りることが可能になるわけです。

 

学生ローンを利用できる年齢は原則として20歳以上ですが、保護者の同意があれば18歳から借りられるローンもあります。
20歳以上で安定的な収入を得ているならば、すべての学生ローンの申し込みが可能です。
審査で最終的な判断材料となるのは、借りた金額を完済できるかです。
収入が一時的なものであれば、いずれ返済はできなくなるでしょう。

 

それゆえ、返済に長期化するような場合は借りられない可能性が高くなります。
短期間で完済できる借入にしておくのがコツです。

 

理想的な借り方は、5万円以内に抑えておき、返済するときは一括で完済するのです。
完済する前に追加融資を受けてしまうと、借入額が増えてしまい、返済が厳しくなっていきます。

 

一括完済をイメージすれば、自ずと安全な借入方法が見えてきます。
借りたお金は給料日、または翌月末までに返済するように心がけましょう。

学生ローンは一時的な借入に使おう

学生ローンを上手に利用するには、一時的な借入用としましょう。
必要額が1万円程度ならば、単発バイトをして稼ぐという方法もあります。
稼いだお金には利息が発生しないので、借りるよりもお得であることは確かです。

 

しかし、早急にお金が必要であり、稼ぐ時間もないという場合はローンを利用するべきです。
学生ローンを利用することは悪いことだと考える方もいますが、これは長期的な返済期間を設定してしまうからです。
3年返済などと長期プランを設定すれば、利息も3年分発生します。

 

ローンの実質年率とは、年間の借入残高に対して発生する年利のことです。
実質年率18.0%のローンならば、半年間借りれば9.0%の金利となります。
もし3年間の返済計画とすれば、18.0%に3をかけた54.0%が金利
となります。

 

金利は日数で発生するので、返済日数は1日でも短いほうが得なのです。

 

長期的にローンを組む必要がある場合は、目的ローンを利用するのが得策です。
例えば、バイクを購入する場合ならば、バイク専用ローンを利用するべきでしょう。
目的が決まっているローンは金利が低めに設定されています。

 

学生ローンは急な飲み会費用、友達との旅行など、一時的な借入用として使うようにしましょう。

融資を受けたいならバイトをしよう

学生ローンは無職では借りることができません。
バイト収入があることが前提であり、ギャンブルやFXなどで儲けた収入に関しては収入とみなされません。
一般的なキャッシングに関しては、借りるためには150万円〜200万円以上の年収が必要とされます。

 

パートやバイト収入があれば、ほとんどのキャッシングは利用できるのです。
学生ローンの場合は、収入基準のハードルがさらに低く設定されています。
学生で年収100万円を稼ぐことは容易ではありません。

 

稼ぐことは可能でも、学業に支障を及ぼすことが多いでしょう。
学生ローンは年収で50万円程度あれば、借りることができると言われます。

 

金融機関の規定により異なりますが、学生ローンは10万円までと設定しているところもあります。
総量規制の対象となる学生ローンは、10万円を借りるためには30万円の年収が必要となります。
月に3万円程度の収入があれば、ローンを利用できる可能性があるわけです。

 

限度額50万円の高額融資ローンもありますが、初めての借入では10万円になることが多いです。
50万円を借りるためには、150万円以上の年収、そして借入・返済実績という信用が必要となります。

学生ローンを初めて利用するなら関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン