学生ローン 返済期間

借入額の返済期間も計算しよう!

学生ローンは学生が貸し付けの対象になっているローンのことです。

 

20歳以上の学生であり、安定した収入がある場合は利用することが可能です。学生が借り入れできるローンですが、社会人などが利用する消費者金融と大きな違いはあまりなく、お金を借りる必要がある学生にはとても頼りになるものといえます。18歳以上でも学生証の提示で申し込みをすることができるローンもありますが、高校生の場合は借り入れをすることはできないです。

 

収入が安定しているかどうかを判断するのは、基本的に特定の職場で定期的にアルバイトをしている場合などです。たとえば、週に5日間フルタイムで働いていない状態でも、1ヶ月に安定した収入があると判断されます。ですが、日雇いの一日のみの派遣のアルバイトだと安定した収入といえないので、審査を通ることはできないです。

 

アルバイトでの収入で借り入れできる金額を計算して、それを基準とするので何百万円もの限度額を設定することは不可能ですが、アルバイト代などに応じた金額を融資してもらえるので借りやすいということで人気があります。
収入から返済をすることになりますので、借り入れ額は慎重に決めるようにしておきます。せっかくだからと多めに借りるという人も多いですが、本当に必要な金額のみを借りるという方法がいいです。

申し込み方法と利用目的

学生ローンも消費者金融と同じようにネットや店舗など、その人の状況によって申し込みをする場所を選ぶことができるようになってきています。

 

学生ローンでは、カードが発行されないものの場合、直接店舗に借りに行くということが多いといいます。最近はネットで申し込みをした後、自分の銀行口座に必要な金額を振り込んでもらう、という借り入れ方法が人気です。学生ローンと消費者金融の違いはローンのための専用カードの発行と、そのカードを使って借り入れや返済をすることができるということだといえます。学生ローンの審査は基本的に電話で行われるようになっています。

 

ネットから申し込みをしたときは、指定した時間帯に業者から携帯電話に電話がかかってきて、アルバイトの詳しい内容やその借り入れしたものの利用目的、そして返済スケジュールなどを確認をされます。

 

その目的が融資をしても問題ないものだと判断されたら、借り入れをすることができるようになります。ギャンブルなどの遊び目的のものの場合は次に借り入れをしたいと思っても利用させてもらえなくなることがありますし、嘘をついていても次に借り入れをすることはできなくなる場合もあるということです。

学生ローンに必要な書類

学生ローンを利用するときには学生であることを証明しなければいけないといいます。なので、学生ローンを利用するための申し込みをするときには、必ず学生証の提示は必須だといえます。もしも学生証の紛失などの一時的に学生証がない状態になっているときは、在学証明書などを提示するといいます。ごくまれにですが、学生証が発行されない学校もありますが、この場合だと学生ローンの申し込みをすることはできないです。

 

また、直接店舗に申し込みをするなど以外の場合で、振り込みで借り入れを受けるときは、公共料金の領収書や請求書が必要です。もちろん、自分名義の銀行口座がないと振り込みでの借り入れは利用できないので、事前に準備しておくようにします。

 

もしこの準備が出来ていない場合は、融資や借り入れまでに時間がかかってしまうので、申し込みをする前に確認しておくようにするといいです。すぐに利用することが考えられる場合は、事前に借り入れ方法を調べて、融資をしてもらうまでの時間などを計算しておくことが大切です。融資のための審査も時間がかかってしまうかもしれない、ということも計算して早めに行動しておくことが大事だといえます。

学生ローンを利用するときに借り入れを成功するコツ

学生ローンを利用しようと考える人にはお金を借りること自体が初めてだという人もいます。学生ローンという言葉で難しく考えてしまう人もいますが、申し込み方法なども学生だからといって特別難しいことはないですし、学生証の提示を求められる、ということを覚えておくといいくらいです。先にも書きましたが、最近ではネットでの申し込みなども簡単にできるようになっていますし、準備もほとんど必要ないものが多く、借りたい時にすぐに借り入れをすることができるようになってきています。

 

初めての借り入れを成功させるためのコツを知っておくのもいいです。はじめて学生ローンを利用するときは、借り入れに重点を置くのではなく、返済に重点を置くことようにしておきます。

 

そのほうが、必要な金額を限度額として計算をして、簡単に決めてしまいやすくなりますし、審査がその金額で可決になることができれば、特に問題もないと感じることができます。返済額と収入を計算して、その計算した答えの金額以上を借り入れしたりしないように気をつけることが大切です。

 

借り入れをした金額と返済期間もしっかりと計算しておくことと、審査で通りやすい金額かどうかも考えて、計算しておくようにすることです。

借入額の返済期間も計算しよう!関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン