学生ローン 入学金

学生ローンで入学金を借りる事はできる?

学生ローンはキャッシング業者などが大学生などを中心として融資をするサービスです。

一定の条件を満たしている人であればそれが学生であったとしても借入をすることができます。

 

金額はそれぞれの業者の審査の結果次第ということになってきますが、もしその学生がしっかりアルバイトをしていて、それによってある程度の年収が見込めると言うようであれば数十万円程度ならば借りられる可能性は高いでしょう。
ただここで気になるのが「入学金を支払うのに使えるか」ということです。

 

学生ローンは学生を対象としているものであり、入学金をこれから支払うと言う人はこれから入学をすることがほぼ間違いないため、一見すると借りられるようにも見えます。
しかし実際はどうかというと、入学金を借りるために学生ローンを利用するというのはかなり困難だとして考えた方が良いでしょう。

 

と言うのも学生ローンはやはり学生を対象としているものであり、まだ入学をしていないのであればその人は学生ローンを利用できる状況にはないとして判断される可能性が高いのです。
入学後の学費調達や資格取得のため、卒業旅行のためといったような目的であれば活用できるものですが、残念ながら入学金を借りるのであれば別の手段を考えた方が良いでしょう。

入学金を借りるにはどうすれば良い?

それでは入学金を借りるにはどのようにするのがベストなのかと言うと、最も選択肢として上がってきやすいのは奨学金です。
奨学金は大学進学を希望する人に対して広く融資を行っていますし、もし成績優秀であるとされた場合には無利息で借りられる可能性もあります。

 

学生ローンなどの貸金業者からの借入ということになると利息が発生し、最終的には借り入れた時よりも多くのお金を返済しなくてはならなくなります。
その点において無利息で借りることができる奨学金は非常に価値の高いものになりますから、まずは奨学金を利用することを考えた方が良いと言えます。

 

また別の選択肢としてあるのが教育ローンです。
教育ローンは各地の銀行などで融資されているものであり、これもやはり入学金を融資してもらうことができます。

 

ただ奨学金のように無利息で借り入れるということはできませんし、親の収入などで審査を通過する必要もあります。
この点が少々問題にはなってくるのですが、金利と言うことで言えば有利子の奨学金と大差ないレベルで借りられるケースが増えてますので融資を受ける先の選択肢としては有用なものになります。
こうしたことは進学前にしっかりと下調べをしておくようにしましょう。

学生ローンで入学金を借りる方法

とは言っても「絶対に学生ローンで調達することはできない」というわけではありません。

 

あくまでも利用者が学生であれば問題ないということになっているのですから、例えば兄が先に大学に進学している場合などは兄が審査を受けて借入をし、そしてそこで借り入れたお金を入学金に充てると言うようにすることで工面ができます。
ただ結局のところ学生ローンで借りられる金額はそこまで大きいわけではありませんし、入学金全額を借り入れることができるのかと言われると怪しい部分があります。

 

もし手持ちのお金が一切なく、入学金として必要な額を全て学生ローンで借りるとするのであればかなり優れた収入状況などが無くてはなりません。
現在は貸金業法で総量規制が規定されていますから、例えば100万円を借りるのであれば300万円以上の年収が必要になります。
学生が300万円以上もの年収を得ることは容易いことではないでしょう。

 

ですが何らかの事情で保護者が誰もいないというような場合などには一部を借り入れる方法として考えられますので、もしそうした状況にある人なのであれば覚えておいて損は無いでしょう。

 

特に銀行や貸金業者からの融資は年齢が二十歳以上になっていないと契約をすることすらできないとされているケースがほとんどですから、そうしたケースの例外として借り入れられることのメリットは大きいと言えます。

学生ローンの審査ではどこをチェックされる?

では最後に学生ローンの審査ではどういったところがチェックされるのかを見ていきましょう。
基本的にこうした借入の審査に際しては在籍確認がされることが多いのですが、学生の場合は在籍確認が行われずに融資されるケースが多くなっています。

 

学生が収入を得るとすればその方法はアルバイトになりますし、学生アルバイトは流動的な労働力です。
先月までいた学生が別のアルバイト先に移っているということもそれなりに多く見られますから、在籍確認をすることの意味が薄いのです。
従って在籍確認についてはそこまで心配する必要はないでしょう。

 

また別のポイントとしてあるのが使途です。
学生ローンをどのような目的で借りるのか、例えば資格取得のためなのか卒業旅行のためなのかといったようなことは高確率で確認されます。
ここで資格取得など将来への投資として扱ってもらえる目的を記載すれば金利の優遇措置が取られることもありますが、だからと言って嘘をつくと審査が帰って厳しくなりますから避けた方が良いでしょう。

 

そのほかには本人確認電話をかけ、そこで借入金額や使途などを再確認されることもあります。
この本人確認はそこまで注意することも無いのですが、もし最初の申込の時と食い違うことを言ってしまっていると審査ではマイナスポイントになってきます。

 

特に先ほどの使途について金利優遇の為に嘘をついてしまうと、ここでボロが出ることもありますから最初から本当のことを素直に伝えるようにしましょう。

学生ローンで入学金を借りることはできる?関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン