学生ローン 生活費

学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?

学生ローンは多目的ローンなので、生活費のために借りることができます。

借りられる金額は30万円以内となるケースが多く、初回融資では5万円や10万円が多いです。

 

ただし、過去に利用していたローンと再契約する場合は、初回から30万円などの高額を設定してくれる可能性があります。
生活費のために貸付を受ける場合、借りすぎに注意する必要があります。
クルマやバイクの購入ですと、車両自体が担保の役割をします。

 

もし返済が厳しくなったら売却して返済金を捻出することが可能ですが、生活費は消費に属するものです。
借りすぎには注意して、事前に生活診断、返済シミュレーションを行っておく必要があります。
生活におけるムダを見直し、貸付を受ける金額を圧縮していく必要があります。

 

多く借りられるローンは優れていると感じるかもしれませんが、沢山借りるほど返済額も大きくなり、総支払い利息も膨らむものです。
返済シミュレーションは無理のない返済計画を立てるために行います。
返済が厳しい状態になると、確実に生活にも影響します。

 

返済金を捻出するために、無理な節約を強いられることになるでしょう。
学生ローンは無理なく返済できる範囲で利用する必要があります。

生活費の範囲は意外と幅広い

生活費と聞くと、食費と光熱費、家賃などを連想する方が多いでしょうが、生活費とは生活資金のことです。
生活において必須な資金のために借りることができるのです。
日本における最低限の生活とは、文化的な生活を送られることです。

 

衣食住を手に入れることはもちろん、友人との付き合い、彼女とのデート、個人的な旅行、コンサートの鑑賞なども生活費に含まれます。
いわゆる消費に該当するものは、すべて生活費だと考えていいでしょう。
貸付条件から除外されるのは、ローンの返済、事業資金、ギャンブル資金などです。
特に何も記載されていない場合は、これらの用途にも使えると考えていいでしょう。

 

学生ローンを利用する前には、身の丈にあった生活レベルに見直すことが大切です。
生活レベルは一度引き上げてしまうと、下げるのが非常に難しくなります。

 

周囲から見れば贅沢な生活であっても、本人にとってはそれが当たり前というケースも多いでしょう。
生活の見直しをするだけで、融資を受ける必要性はなくなるかもしれません。

 

学生ローンとは、節約をしても足りない分を一時的にカバーするものです。
借りることに慣れないためにも、浪費には使わないようにしましょう。

学生ローンの貸付を受けるコツ

学生ローンの貸付を受けるには、借りすぎないことがコツとなります。
借りられない方に多く見られる理由は、希望額をかなり高額にしていることです。

 

金融トラブルが一度もない方でも、初回で50万円を希望しては借りることが難しいです。
学生ローンの場合、10万円以内だと審査に通過しやすいですが、それを超えるとやや厳しくなるのです。
30万円程度になると、安定した収入を得ていなければ借りるのは難しいでしょう。

 

学生ローンの多くはノンバンク系となっており、借入できる上限は年収の3分の1となります。
一度の審査で融資を受けるためには、年収の2割以内に抑えておくのがいいです。
バイト収入100万円の学生なら、上限は20万円くらいがいいです。

 

もっと借りても大丈夫だと思う方も多いでしょうが、借りたお金には返済の義務があります。
融資を受けた翌月から返済がスタートするので、数ヶ月先の生活も考慮してローンを組む必要があります。
借入を少額に抑えることは、短期間で返済をして利息を抑えることにもなります。

 

お得に借りるためには、低利率のローンを利用すること以上に、無理な借入をしないことが大切です。
自身が無理なく返済できる金額は、自分以外の人にはわからないのです。

学生ローンの審査は難しいのか?

学生ローンの審査は、社会人向けのキャッシングやカードローンと変わりません。
一つ言えることは、学生が融資を受ける場合は、社会人向けローンよりも学生ローンのほうが審査に通過しやすいことです。

 

社会人向けローンは18歳から融資してくれるローンは皆無に近いですが、学生ローンは18歳以上から対応しているローンも一部にあります。
審査の難しさに関しては、どの程度の希望額を設定するかにもよります。
10万円と30万円を比較した場合は、30万円のほうが間違いなく借りるのは難しいです。
20万円の場合は、10万円よりは厳格ですが、30万円よりは楽でしょう。

 

事前に借入シミュレーションをしておき、本当に必要な金額を算出しておきましょう。
借りたい金額と必要な金額には隔たりがあるものです。

 

例えば、希望としては30万円を借りたいけど、実際の必要額は10万円かもしれません。
学生ローンの審査に通過するには、必要額で申し込みをするのがコツです。
融資額が少ないことはデメリットではありません。

 

借りる金額が少ないほど、返す金額も小さくなるので、結果的に自分にかかる負担は軽減します。
月々の返済額が大きくなると学業にも影響するので、学業とバイトのバランスも考えて借入額を決めましょう。

学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン