学生ローン 特徴

学生ローンの特徴と返済方法・年利について

個人向けに融資をしてくれる業者としては、銀行などの金融機関のほか消費者金融などの貸金業者があります。消費者金融の場合には比較的、審査の基準がゆるやかで利用しやすい傾向にあります。しかし、銀行にしても消費者金融にしても利用条件としては安定した収入があることで、その点で安定した収入が得られにくい学生では利用が難しいものです。

 

一方で学生ローンは主に条件面で不利な学生を融資の対象としている消費者金融になります。一般の消費者金融と異なり、学生を融資の対象としているため、審査の対象となっており審査そのものが断られることはありませんし、また一定の条件が整っていれば利用が可能です。ほかの消費者金融と違う点としては融資の限度額が50万円以下のことがほとんどで、大きなお金を借りることはできませんが、返済方式に自由返済方法を行っているという点が大きく異なります。

 

通常の消費者金融を利用した場合には、金利を優先して金利と元金を支払う元利均等返済方式が一般的で、この場合には毎月必ず金利と元金を返済しなければなりません。一方で自由返済方法では、毎月の支払いは利息分だけでよく元金は契約期日までに支払えば良いというものです。このため月々の返済の負担が少ないメリットがあります。

学生ローンのメリット

学生ローンを利用するメリットは学生が利用できるという点で、学生以外であれば関係のない業者になります。また学生ローンといっても対象としているのは大学生、専門学校生、大学院生などが中心であり高校生は利用できません。また20歳以上を利用対象としているので未成年の学生は利用することができません。

 

学生にとっては消費者金融と同様にお金を借りることができることができるメリットがあります。職業が学生であれば審査に通るのはかなり難しいため、お金を借りることはできませんが、学生ローンであれば学生でもアルバイトやパートなど一定の収入があれば利用することが可能です。

 

またお金を借りる以上は、金利を支払う必要がありますが、金利が低めに設定されている業者もあり、有利にお金を借りることができます。返済方法も自由返済方式であれば期日までは毎月金利を支払うだけでよく、またまとまったお金が入れば繰り上げ返済もすることもできます。

 

一方でデメリットとしては、大手消費者金融と異なり利便性にやや欠けるという点です。学生ローン業者は、中小の消費者金融であるためATMなどではなく対面での借り入れになりますし、融資のさいに銀行振込みを利用した場合には手数料が掛かります。

 

ほかの業者との年利における比較

一般にお金を借りたさいには、その手数料として金利を支払う必要があります。金利は年利という形で表現され、元金に対して年利を掛け、それを365日で割ったものが1日の金利額になります。日本では出資法という法律によって金利の上限は20%に制限されており、その範囲内で年利が設定されることになります。年利は銀行などが低く一般的なカードローンでは、年4%から年15%が設定されています。消費者金融の場合には年8%から年18%が一般的です。

 

一方で学生ローンの金利としては業者によって異なり、一般の消費者金融と同等の年利を設定しているところもあれば低い年利での融資を行っているところもあります。通常の消費者金融と変わらないのであれば、利用するメリットはありませんが、年利17%程度で融資しているところもありますし、ほかの消費者金融同様に返済実績を積み重ねることで金利を引き下げることが可能で年利15%前後で借りることも可能です。

 

なお、返済期日を守れなかった場合には金利とは別の遅延損害金を支払うことになります。遅延損害金は金利と同様に年利で表現され、多くの業者では出資法上限一杯の年利20%が設定されています。

学生ローンの融資審査に通るには

学生ローンの融資審査に通るための条件としてはいくつかありますが、第一には年齢が20歳以上であるということです。以前は、未成年者でも保護者の同意があれば利用が可能でしたが、近年は規制が強化された関係もあって未成年者の利用は困難となっています。

 

また学生といえども収入がなければ借入れることができません。このさいに収入は親の仕送りを入れることはできず、アルバイトやパートといったものである必要があります。これは貸金業法の規制強化によって年収の3分の1までの借り入れしかできないようにするといった総量規制があるためです。このため最低限、アルバイトなどで収入を得ていることが利用するための条件になります。一方で学生ローンは貸出の上限金額が50万円以下のところがほとんどです。

 

これも貸金業法による規制強化が影響しており、50万円以上または他社と合わせて100万円以上の借り入れを行う場合には所得証明書の提出が義務付けられています。この条件をクリアするために50万円以下の借り入れが条件となりますが、この条件の影響もあり他社から借り入れを利用している場合には融資審査に通りにくくなります。

 

また通っている大学によっても審査の評価が変わり、難関大学などの学生であればあるほど審査に通りやすいメリットがあります。

学生ローンの特徴と返済方法・年利について関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン