学生ローン 自己破産

学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?

「破産」という言葉に良いイメージを持っている人はいません。

 

企業がもしもこうなれば社会的な信用はほぼゼロになり、そして社長や幹部、従業員といったような人々の多くが路頭に迷う姿を想像する人は多いでしょう。
ですが必ずしも破産は企業だけが行うというものではありません。

 

個人がそうした手続きを踏むこともあり、そして自分自身でその道を選んで手続きを行ったというような場合には「自己破産」ということになります。
ではそもそもこれは何なのかと言うと、端的に説明すると「借金を持っている人がその返済をできなくなり、法的な手続きを持って借金返済の義務から解かれる」ということになります。

 

誰でも無条件で借金が無くなるというわけではなく、例えば財産がある場合にはその財産を処分しなくてはなりませんし、また借金の理由が身勝手なもの、例えば浪費目的のものだったなどの事情があったのであればその手続きが認められないということもあり得ます。

 

また一度この手続きが完了してしまうと最長10年間、新たな借金は出来ないということになってしまうわけですから、借金をする際にはそれが必要かどうかをしっかり考え、自己破産などは軽々しく行うべきものではないとして考えておくようにしてください。

学生ローンで自己破産をするとどうなる?

それでは貸金業者などが学生向けに融資を行っている学生ローンで自己破産を行った場合にはどうなるのでしょうか。
この「どうなるのか」ということで考えなくてはならないのは主に二つのことです。
まず一つ目が「返済の義務はどうなるのか」ということです。

 

通常、自己破産をすればその学生ローンの借金を返済する必要は無くなります。
これは学生ローンが保証人を求めないものであり、そして保証人がいないのであれば返済の義務が誰かに移るということは無いからです。

 

ですがこの手続きは「自身が持っている全ての債務の返済義務を放棄する」というものですから、もし奨学金などを借り入れていた場合には、奨学金の請求が連帯保証人に対して行われることになるのは間違いありません。
信用保証会社に頼んでいた場合は連帯保証人に請求が行くことはありませんが、こうしたケースがあり得るということは覚えておく必要があります。

 

二つ目として考えるべきは「信用の喪失」です。

 

先ほども少しふれたように、この手続きを行った人は最長10年間新たな融資を受けられなくなります。
そのため今後結婚のためにブライダルローンを借りようとしたり、車を買うためにマイカーローンを組もうとしてもそれが出来なくなってしまうのです。

 

若い人であるほどこのことは重い事実になってきますので、絶対に知っておかなくてはならないこととなります。

学生ローンを返済できない時はどうすれば良い?

ですがどのような人でも「事情が変わって返済できなくなった」ということはあり得ます。
では学生ローンからの借り入れ中にそうした事態になってしまった場合はどうすれば良いのかと言うと、考えられるのが「誰かにお金を借りる」ということでしょう。
もちろん貸金業者や銀行から借りるのでは返済相手が変わるだけで意味が無くなりますから、可能な限り家族や親戚などを頼るべきです。

 

そうした人から新たにお金を借りることが出来たのであれば、一旦学生ローンの分はそれで返済し、その家族や親戚にはこれから返済していくというようにすればよいのです。
しかしこれが出来ないというような場合には債務整理を考えることになります。

 

奨学金を借りている人が自己破産をすると先ほど述べたように多大な問題が発生しますが、「任意整理」という方法であれば学生ローンだけを対象にして減額してもらうことが可能です。
この方法は債務者である自分と学生ローンを営んでいる貸金業者が直接交渉して債務の返済条件を見直すものです。

 

「現在の状態では返済が出来なくなった」ということを伝えて返済条件を見直すように申し込めば、それに応じてもらえる可能性はあります。
ただこれはあくまでも交渉であり、貸金業者が減額をしなくてはならないというような義務は一切ないということには注意が必要です。

 

中には弁護士や司法書士などの専門家からの要請で無くてはそもそも応じないというスタンスを取っている業者もありますから、もしそうした業者が相手になるのであれば弁護士や司法書士に相談をするようにしましょう。

学生ローンは慎重に検討しましょう

このように学生ローンといえど、自己破産をすると大きな問題になることがあります。
もちろん学生ローンを運営している業者は融資審査の際、今後返済不可能になるリスクが無いかどうかということをチェックするようにはなっています。

 

融資審査の中で収入が少ない、今後安定して継続する見込みがないと判断されたのであれば、そもそも融資審査を通過することはできません。
しかし学生ローンの多くは限度額が低いことなどの理由があるため融資審査がかなり緩やかな基準で行われることが多いのです。
そのため「融資審査に通ったから自分は安全だ」と考えるのは非常に危険なことです。

 

むしろアルバイトなどをしてある程度の収入があり、そして業者に対して使途を明確に伝えている学生であれば、学生ローンの融資審査に落ちる方が難しいのです。
借りたお金は返さなくてはならないということは当然のことであり、そのことは契約時に取り交わす契約書にも必ず記載されています。

 

契約違反をしてしまうとその責任は自分で負わなくてはならないということになってしまうのですから、学生ローンを利用する際には慎重に検討を重ね、本当にお金を借りなくてはならないのかどうかを考えるようにしてください。

学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン