学生ローン 実質年率

学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう

学生ローンを利用する前に、実質年率について知っておきましょう。

これは年利のことを指していますが、利率は日割りで発生します。

 

実質年率18.0%の学生ローンを利用した場合、1ヶ月で返済すれば月利1.5%の支払いとなります。
早く返済をするほど楽なので、返済期間をむやみに延ばすことはせず、なるべく早く返済できるようにしましょう。

 

学生ローンは学生街の金融機関で取り扱っていますが、銀行や消費者金融などでも学生を対象に融資を行っています。
商品ページに学生も可能と記載されていれば借りることができます。
学生の定義とは20歳以上で額業に専念する人のことで、高校生は除外しています。
18歳でも学生には該当しますが、未成年なので借入できないのが普通です。

 

学生ローンは多目的ローンに属しており、お好きな用途に使うことができます。
バイクローンなどの目的ローンに関しては18歳でも借りられることが多いですが、多目的ローンは原則として20歳以上でなければ融資を受けることはできません。

 

審査を受ける前に、何歳から対応しているのかチェックしておく必要があります。
年収に関しては必須となるので、バイトなどの収入がない方は利用できません。

実質年率は交渉すれば下げてもらえる?

学生ローンは通常のキャッシングよりも、少し金利を低くしています。
そのため、金融機関に対して実質年率の引き下げ交渉を求めても、応じてくれないことが多いです。

 

初回融資の段階では、まだ自身の信用力が低い状態なのです。
信用を積み重ねることで、将来的に金利引き下げに応じてくれることはあるので、まずは遅延をせずにコツコツと返済を続けていきましょう。
延滞がなく毎月着実に返済すれば、自然と信用力は高まっていきます。

 

6ヶ月程度ローンを利用したら、金利の引き下げ交渉をしてみるのもいいでしょう。
交渉に応じてくれない場合は、もっと低金利の学生ローンを見つけて乗り換えるという方法もあります。

 

借入額が少ないのであれば、無理に乗り換える必要性は薄いため、今まで通り返済してもかまいません。
10万円程度の借入額であれば、金利の差はほとんど影響しません。
学生ローンの実質年率は、どこで借りても大きな差はありません。

 

特に学生ローンに関しては借入可能額も少ないため、利息にはあまり影響しないのです。
実質年率の引き下げ交渉をして利率を下げるよりも、早期完済を心がけたほうが利息軽減に役立ちます。
ローンの利息は金利だけで決まるものではありません。

学生ローンの実質年率は何%くらい?

学生ローンの実質年率は、利息制限法の範囲内で設定されます。
一つ言えることは、20.0%を超える設定になる可能性はゼロであることです。

 

必ず20.0%以下の金利となり、一般的に多いのは16%台〜18.0%の範囲内となります。
18.0%を下回れば、金利は低いほうだと考えていいでしょう。

 

銀行キャッシングなどを見ると、実質年率4.5%〜17.8%といった表記をしているはずです。
4.5%で融資を受けられるなら超低金利と思われるでしょうが、これは高額を借りた場合でないと適用となりません。

 

年率が決まる要素には信用力も関係しますが、最も影響するのは借入額です。
学生ローンは一桁の金利設定で融資してくれる金融機関は少ないですが、これは借入額が少額であるためです。
融資額は1万円〜30万円の範囲内となることが多く、一般向けのキャッシングよりも少額です。

 

そのため、一桁台の低金利で借りることは現実的に難しいです。
一桁台で融資を受けたい場合は、信用金庫や農協などの非営利の金融機関を当たってみるといいでしょう。

 

これらの金融機関は営利を目的としていないため、利益分を金利引き下げとして還元しています。
営利目的の銀行ローンと比較しても、やや金利が低くなっています。

実質年率と審査の関係とは?

ローンは実質年率が低いほど審査が厳格になり、これは学生ローンにも言えることです。
銀行ローンは消費者金融よりも審査が厳しいとされますが、これは年率が低く設定されているからです。

 

年率18.0%と10.0%のローンがあった場合、後者のほうが借りるのが難しいのです。
そのため、多くの方は審査基準の厳格な銀行よりも、消費者金融を選ぶ傾向があります。
ただし、学生ローンに関しては借入額が少ないため、低金利の金融機関でも融資してくれる可能性が高いです。

 

審査において注意したいポイントは、他社のローンで遅延をしていないことです。
遅延をしていれば、個人信用情報機関に遅延情報が残されてしまうので、審査で落とされてしまう確率が高くなります。

 

遅延は回数が少なく、日数は短いほどいいのです。
長期的にローンを利用していれば、うっかりケアレスミスは一度くらいあるものですが、何度も遅延している方は注意が必要です。
審査通過が難しいと考える方は、とにかく希望額を少なくして申し込みましょう。

 

ローンは契約をしなければ利用はできないため、とにかく契約をすることに専念するのです。
最初は5万円程度借りて、コツコツ返済を続けることで頃合を見て増額交渉をしていくといいでしょう。

学生ローンを利用する前に実質年率を知っておこう関連ページ

学生ローンでもブラックになる?
学生ローンは留学目的で利用できる?
学生ローンの限度額はいくら?
社会人でも学生ローンは使える?
学生ローンで憧れのバイクを手に入れる方法
学生ローンのメリット・デメリット
学生ローンの中でもオススメのキャッシングについて
未成年でも学生ローンは使える?
銀行系キャッシングで学生ローン向けサービス
学生ローンは車の購入にも使える?
即日融資に対応してくれる学生ローン
来店不要の学生ローンとは
学生ローンの意味とその内容
低金利のオススメできる学生ローンについて
ビジネスマン利用可能!お得で用途多様な学生ローン
審査スピードが速い学生ローン
学生ローンのほとんどはノンバンクの業者?
学生ローンは融資も返済も銀行振込が基本
学生ローンとして使える消費者金融のキャッシング
学生ローンを利用して自己破産するとどうなる?
お金が必要になった時には学生ローンを使おう
学生ローンで入学金を借りることはできる?
学生でも使えるキャッシングについて
学生ローンを初めて利用するなら
学生ローンで不安なことや疑問は相談する
学生ローンの特徴と返済方法・年利について
学生ローンの借り入れ方法と気をつけること
学生ローンで学費を借りることはできる?
学生ローンの申し込みは本人確認書類が必要?
学生ローンには車などの担保が不必要
貸付金利が安いおすすめの学生ローンについて
学生ローンは生活費目的で貸付を受けられる?
学生ローンは低金利貸付なので返済しやすい
学生ローンでは無利息サービスをおこなう所もある
学生ローンは借りやすい分、利息が高め?
学生ローンを選ぶ時は手数料のことも考えて
きちんと返済さえできれば、学生ローンは便利
アルバイトでもOK!学生ローンの借り方
学生ローンを安心して借りるには
学生ローンで返済延滞をした場合
学生ローンの履歴は信用情報に残るのか
借入額の返済期間も計算しよう!
店舗で借り入れできるおすすめの学生ローン